老後生活の不安を解消するには定年のない仕事を続けることが大切 老後貯蓄 忍者ブログ
年金だけの生活ではリスクが多い。定年後も収入を維持する方法
Admin / Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

老後資金のことを考えるときには定年退職後に支給されるだろう年金が一体どれくらいあるのかによって、計画の仕方が随分と変わってきます。

老後資金が不足しないように前もって計画を立てておくことは必要ですが、具体的にはどのように試算すればよいのか、分からない人がほとんどだと思います。

貧困により下流老人にならないための対策

年金制度がこのまま安定して維持されるかどうか、とても不安に思っている人は少なくないでしょう。

不確定要素がたくさんあるので、必要な老後資金の額もどれくらいになるのか計算するのは、困難な面も多々あります。

40代後半から50代にさしかかると、子育てから少しずつ解放されて、そろそろ老後の問題を真剣に考え始めるかと思います。

老後生活のことを考えた時に一番の心配事と言えば老後資金です。

安心した老後生活を送るためには、一体いくらくらいの生活費がかかるのか、見えない不安と向き合うことになります。

定年間際になってから慌てないように、しっかりと計画的に準備を進めていく必要があります。 「公的年金の支給額の引き下げ」について

年金の支給額が減額されている中で、年金だけにたよった老後生活は、これから老後を迎える人たちにとって、とても大きなリスクになるだろうことは、容易に予想がつきます。

まずは、夫婦2人で平均寿命まで生きることを想定して、老後資金のシュミレーションをしてみましょう。

そして、年金が毎月いくらなのかを把握することによって、毎月の足りない生活費が算出されるので、老後を迎えるに当たって、必要となる老後資金の金額が分かります。

夫婦2人で、持ち家でローンを完済していれば、1ヶ月に25万円~35万円ほど必要だという調査結果があります。

この老後生活に必要となる1ヶ月あたりの生活費を基準にして、もらえるだろう年金では不足する額だけ、老後資金として用意しておかなければならないという計算になります。

自分の老後について考え始めた時、不安だと感じ始めた時こそが、老後資金の貯蓄の始め時です。

老後生活を始めてから、生活費が不足して老後破産してしまうようなことがないように、しっかりと計画を立てて、老後のために貯蓄に励みましょう。
PR
老後貯蓄をしておかないと老後生活が送れなくなってしまう可能性が大いにあります。

高齢になってからの生活で気になることは、健康のこととお金のことが大部分を占めています。

ここでは老後生活を迎えるにあたって、老後貯蓄のことについていくつか調べてみました。

定年退職した後は、それまで毎月あった給与収入が無くなり、年金だけによる生活を余儀なくされるので、日本の年金制度の先行きが心配されている中で、果たして安心した老後の生活を送ることができるのかどうか、多くの人が不安に思っていることでしょう。

年金が支給される年齢は徐々に引き上げられており、これまで60歳だったのが今では65歳となっています。

今後はさらに引き上げられるだろうという情報もあります。

さらに年金の受給額も少しずつですが減額されており、この傾向がこの先も続くとなると、いま40代や50代のこれから定年退職をして年金生活を迎えようとしている人は、老後貯蓄をしておかなければ、生活するのもままならなくなってしまいます。

国の制度である年金のことをあれこれ言う人もいますが、いくら批判したところで、どうにもなりません。

国が決めたことに対して何を言ったところで、変わる事はありません。

たとえ年金受給額が半分に減らされたとしても、従うしか無いのです。

年を取ることを止めることは誰にも出来ません。

いずれは必ず高齢者になっていくことを考えると、この先どうなるか分からない年金に頼るのではなく、自分自身でしっかり老後貯蓄をするということが、老後生活の準備として、とても重要になってきます。

定年退職して給与収入が無くなり、満足な年金額を受給できないとなれば、生活費として期待できるのは、自分で貯めた老後貯蓄しか無いのです。

誰にも頼ることなく老後生活を送るためには、十分な老後貯蓄をしておく必要があります。

実際の高齢者の平均貯蓄額を調べてみると、100万円から1,000万円くらいまでは、どの層も平均していますが、4,000万以上の貯蓄がある世帯が、他の層に比べてたいへん多いというデータがあります。

世帯主の年齢が65歳以上の高齢者世帯で、4,000万円以上の貯蓄がある世帯がとても多いという事実があるのです。

ここまでいかないにしても、2,000万円、3,000万円といった老後貯蓄がある高齢者の世帯も数多く存在しています。

年を取ると若い頃にはしなかった病気になることもあり、何かと不安なものです。

病気の治療代や介護費用も必要になってくることでしょう。そう考えるとますます老後貯蓄の重要性がわかってきます。

これまでの高齢者の年金生活といえば、十分な年金支給によって安泰だというイメージがありましたが、先細りが予想されている年金制度のことを考えると、心配せざるを得ません。

安心して老後生活が送れるように、病気をしても治療費を払えるだけの老後貯蓄を現役の世代がら前もって、準備しておく必要があるのです。

もしもの時の老後貯蓄ではなく、今はもう、絶対に必要な老後資金となりつつあることを理解すれば、老後のための貯金をしっかり確保しておくことは、どれだけ重要なことがお分かりいただけると思います。

今からでも遅くはありません。出来る範囲で構わないでしょう。老後生活の為に少しずつでも老後貯蓄をはじめることを強くおすすめします。
HOME |

忍者ブログ [PR]